2010年5月 7日 13:44

子供のムシ歯

 お母さんが、お子さんを歯医者に連れて行った、と書かれているブログが目に入る、ものすごい勢いでムシ歯が減って いるのに。

 母親学級や乳幼児健診のとき、ムシ歯予防のお話をしているはずなのに、こんなに たくさんの子供さんの歯が削られてしまうなんて、・・・・・。何か、間違っている。

 もしか したら、お母さんたち、歯磨きをつけずに一生懸命子どもさんの歯を磨いてやっているのかな?  昔、そんなことが言われていたが、・・・・・。

 歯磨きだけではムシ歯予防できないのだ。フッ素の入った歯磨き剤を使わなければ効果がない。

 子供さんの歯を削られたくなかったら、フッ素入り歯磨き剤で歯を磨いてやってください。

コメント(2)

初めてコメント書かせていただきます。
私、先日親知らずを四本とも抜歯した方がいいと歯医者さんで言われまして、なぜまっすぐ生えてきているものを磨きにくくて虫歯になりやすいからといって抜歯までしなければいけないのか疑問を感じ、ネットで調べておりましたところ先生のブログにいきつきました。
麻酔も今は痛くありませんしすぐ抜けますからととにかく抜くという選択肢しか患者に与えない歯医者さんはなんだか信頼できません。他の歯医者さんに変えたところ、親知らずにほんの少し虫歯がありましたが、抜歯の必要は全くないとのことで、奥の虫歯なので大きくなると困りますからねと少し削るだけで治してくださいました。他にも虫歯は一本ありましたが削るほどではないと定期健診で様子をみることになりました。
以前行っていたところは少しの虫歯でも削られていたので、早く見つけ小さい虫歯のうちに削るのが一番良いのだと思っていました。
長くなりすみません。
でも、先生のようなお考えの方もおられるのだということを知り、とても勉強になりました。年をとっても自分の歯が大切にできるように私も先生のブログ等で勉強させていただきたいと思います。子供ができたらフッ素入りの歯磨き粉で磨きます!

コメント、ありがとうございます。

私ども歯科医師は大学で歯を削ること、歯を抜くこと、歯肉を切ることを学んできました。確かに歯科の治療法の一つではありますが、一生自分の歯で食べるための手段ではないと気がつきました。「抜かない、削らない、切らない歯科医療」をしていく必要があります。

今後歯科医師を教育していく必要があります。それは国民の皆さん方が、歯科医師にそのように発言していただくことが最も効果的です。私も発言します。

新しい歯医者さんに会えてよかったと思います。その新しい歯医者さんと歯科医療のあるべき姿を話し合ってみてください。

コメントする