2009年10月26日 12:26

抜くな、削るな、切るな

 日本歯科医学会の江藤会長が、歯周病学会の理事懇親会で「最近、アメリカでは歯を抜いてインプラントにする傾向が見られるが、歯を抜かない治療法 を推進するよう、歯周病学会が情報発信して欲しい」旨の挨拶があった。

 素晴らしい。これが実現すれば、日本国民は歯で苦労することがなく なる。

 では、どうしたら歯を抜かないですむか?  フッ素入り歯磨き剤で「つまようじ法」を実践する、これが「お口の健康ネットワーク」の主張。

コメント(8)

先生こんばんは。先日、先生のレクチャーの中で「スケーリング中の出血とブラシッング時の出血は意味が違います」とのお話がありましたが、いまひとつ自分の頭の中できちんと整理できていまません。教えてください。(2009.11.07 22:12:43)

吉江先生ご指摘の内容をよく覚えていませんが、スケーリング中の出血は、スケーラーで歯肉溝内縁上皮を傷つけて出血させることがあります。

ブラッシング時の出血は歯周ポケット内上皮が潰瘍や糜爛を起こしていて、そこにブラッシングの刺激が加わり、血液が血管から外に出て、さらに潰瘍部から歯周ポケットに出てきたものと考えられます。(2009.11.12 16:07:47)

私は子供のころの歯科治療がトラウマで10年以上、歯医者に通っていませんでした。。。
幸い、いい歯医者さんに巡り合えたことで、長い道のりにはなるとは思いますが、歯科治療を頑張ろうという気持になりました。(ちなみに歯医者さんは昔の学校の先輩だったりします)

今は、患者さんの気持ちを理解してくれる歯医者さんが増えましたね(2009.11.24 15:22:02)

あやたれさん
 ご訪問、ありがとうございます。

 昔の歯科治療は歯のことばかり考えて、患者さんの気持ちを理解しようとはしませんでした。皆さんに大変ご迷惑をおかけしました。反省、反省、です。(2009.11.25 10:47:08)

片上 洋と申します。新潟県南蒲原郡田上町在住です。前の下の方の歯が抜けかけていて,歯医者さんに行くにも,ぐらついていてはぬかれてしまいますので,ボンド,セメダインのような液体の接着剤を流し込みましたら,口全体が貼りつき気味で,電話しようにも仕事しようにもうまく会話ができなくなり,それが治ったらまたぐらつき始め,接着剤が効かないことがわかりました。抜かずに治療できる歯医者さんがいらっしゃるそうで,しかしここは遠い最果ての地ですから,そのような歯医者さんはいらっしゃらないと存じます。さて私が通院できる2時間以内で行ける歯医者さんで,抜かない治療の歯科医院がありましたら,ご紹介ください。

今日は金曜日なので,今夜から仕事に差し支えませんので「ふえきのり」を流し込んでみようと思いますが,接着剤や糊で,かえって虫歯になるようなことはないでしょうね。とにかく抜かない歯医者さんを見つけるまで,ぐらついている歯を保持できるよう頑張りますのでお力をお貸しください。

このサイトについてご存知の方、たまたまこのサイトを見かけた方にお尋ねします。最新のページが2013年7月です。またFacebookになると昨年の6月ごろが最後の書き込みです。ということは、もうすでに使用していないサーバーに、たまたま過去のファイルが残っていて、すでに死んだサイトが残っているものと思われますが、どのURLに異動されたか?または何らかの問題が生じて、このNPO自体がなくなってしまったか?ご存知の方がこのサイトを訪問し、私の書き込みをご覧になった場合は、お知らせください。

片山様
 このサイトをやっている者です。長い間開いてなかったものですから、大変失礼しました。今からでも間に合えばありがたいのですが、・・・。
 グラグラ動いている歯の歯ぐきを歯ブラシの毛先で突いてください。チョット痛みを感じるくらいの強さで突くのがよいでしょう。一か所あたり5-10秒間、突いてください。1-2週間やったら症状が安定してくると思います。1日1回よりも2回の方が早く効果が表れます。
 お返事遅れ申し訳ありませんでした。
 

コメントする